町家ITトークイベントに参加しました!

3/23(金)京都の町家スタジオにて「町家ITトークイベント」に参加しました.
テーマは「人を巻き込むメディア活用とサービス開発 ~ワクワクを生み出すその裏側とは?~」です.

町家ITトークイベントを開催します|町家スタジオブログ

【ゲスト】
株式会社ZIZO 代表取締役 川口智士氏
株式会社インフォバーン 京都支社長 井登友一氏
国立情報学研究所 准教授 大向一輝 氏

イベントは前半はフロアからの質疑を交えながらのゲストのトークで進行され, 後半は和気藹々といった雰囲気の交流会が開かれました.

 

井登さんからはGIZMODOlife hackerに込められた想いや裏話を聞く事が出来ました.
ブレないメディアを展開するにはどういった方針が必要なのか, 実際のところ収益をどうやって得ているのか…などなど. 僕もよくお世話になっているサイトなのでお話の内容はまさに目から鱗です.

大向さんからは論文検索CiNiiに関するお話を聞くことができました.
「ダウンロード数が多い論文が良い論文 と一概に言える訳ではない. はてブでも多いのが一概にいいとはいえない. だからこそ、論文の順位付けなどは慎重に行う必要がある.」といったお考えや国の機関としてサービスを運営する上での板挟み, 「マネタイズを考えるとしたら」, そして「CiNiiを論文検索から”人さがし”のツールとして使う」という新たな可能性について…などなど.
卒論を書く上でももはや必須ツールとなっているCiNiiを内側から知ることができました.

そして川口さんは鼻毛通知代理サービス「チョロリ」をテーマにオチ担当
…と自身でおっしゃっていましたが, 川口さんのお話が一番強く印象に残りました.
「オモシロイものをつくろう. 収益を得る仕組みはそれから考えよう」というスタンスにはとても共感できるところがあります. トーク内容が途中から「チョロリでどうやってお金をとるかをみんなで考える会」になったりして, 絶えず意見の飛び交う雰囲気はとても素敵でした.

 

今回のイベントでは, どのサービスでも「どうやって収益を得るか」という質問がフロアからあがり, 意見交換を通じてサービスの運営やお金を得る手段にはいろいろなアプローチがあることを学ぶことができました.

また, 交流会ではtumblrpinterestに関する話題も取り上げられ, ITの第一線で活躍されている方がどういった方法で情報を得たり刺激を受けたりしているかを知ることができたのも非常に大きな収穫でした.

 

当日はハッシュタグ#machiya_itによる実況や交流もありました.
その様子はtogetterにてまとめられていますので, 興味を示された方はぜひご覧下さい!

町家ITトークイベント|togetter

■関連記事:

    None Found

Comments are closed.