iPhotoライブラリを外付けHDD等の外部ストレージへ移動させる方法

前回のエントリではiTunesライブラリを外部ストレージへ移動させましたが,
今回はiPhotoのライブラリも同様の手順で外部へ移動させてみましょう.

大切な思い出の詰まった写真データは万が一の損失に備えて外部に保管しておきたい.
それにMacBookAirなどストレージの容量が小さめのPCをお使いの方は本体の使用容量を削減したい.
ということでiPhotoのライブラリを外部に移すというのは結構役に立つことだと思います.

iPhotoのライブラリを外付けHDD等の外部ストレージへ移動させる手順はいたって簡単.
早速説明していきます.

1.外部ストレージに「iPhoto Library」をコピーする

外部ストレージの好きな場所に「iPhoto Library」ファイルをそのままコピーします.

2.エイリアスを作成し「iPhoto Library」が元あった位置に移動させる

ストレージへのコピーが済んだら,  「iPhoto Library」のエイリアスを作成します.
そして作成したエイリアスを「iPhoto Library」ファイルが元あった位置に戻します.

4. iPhotoを起動する

あとは通常通りiPhotoを起動すればOK.
取り込んだ写真情報が変わりなく表示されるはずです.

新しく写真をインポートする際は正しくストレージが接続されていれば外部に保存されるようになります.

 

以上, iPhotoのライブラリを外部ストレージに設置する方法でした.

■関連記事:

Comments are closed.