iTunesライブラリを外付けHDD等の外部ストレージに移動させる方法

新しいiPadの購入を機にWindowsにあったiTunesライブラリをMacへ移行させました.
楽曲データをMac本体に保存するより外付けのドライブに置いておくほうが
本体の容量や次の引越しのことを考えると好都合.

そこで今回はiTunesライブラリを引越し&外部ストレージに移動させる方法を記します.

※古いPCから新しいPCへのライブラリの引越しを想定して説明を行います.
PC間の引越しをせずにライブラリを外部ストレージへ移す場合は移動元PC・移動先PCを同じものとしてお読みください.

1.ライブラリの再構築を行う

ライブラリ移動元のiTunesで
ファイル>ライブラリ>ライブラリを整理を選択し, 「ファイルを結合」にチェクを入れてOKを押します.
この処理で各所のデータがiTunesフォルダの中にまとめられます.

2.外部ストレージに「iTunes」フォルダをコピーする

外部ストレージの好きな場所にiTunesフォルダをそのままコピーします.

3.エイリアスを作成しiTunesの指定ディレクトリに移動させる

ストレージへのコピーが済んだら,  iTunesフォルダのエイリアスを作成します.
(Windowsの場合はショートカットを作成)
そして作成したエイリアス(ショートカット)を移動先PCのiTunesが読み込むディレクトリに移動させます.
すでにiTunesフォルダが作成されている場合は削除してエイリアスに置き換えましょう.
Mac: (Username)/Music/
Win: (Username)/Mymusic/

4. iTunesを起動する

あとは通常通りiTunesを起動すればOK.
自動的にライブラリの再構築が行われ, プレイリストやレートなども引き継がれます.

無事にライブラリを外部ストレージに保存&引き継ぐことができました.

この方法以外にも, エイリアスを作成するのではなくMacならoptionキー, Winではshiftキーを押しながらiTunesを起動してライブラリ保存先を切り替えを行うといった方法もあります. お好みでどうぞ.

 

なお, ライブラリを外部ストレージに移動させてストレージを接続せずにiTunesを起動すると,
以下のような警告が表示されます.

警告の後に現れる選択肢で「終了」を押せば
内部に勝手にライブラリが作られる心配はないのでご安心ください.

 

以上, iTunesの引越しと, それに合わせてライブラリを外部ストレージに設置する方法でした.

■関連記事:

Comments are closed.