iOSアプリの開発環境を用意する|Titanium Mobile開発環境の構築

これから数回に渡ってTitanium Mobileの開発環境の構築方法を説明します.
Titanium Mobileとは, Javascriptコードを書くことでiOSアプリ/Androidアプリを一度に
開発することができるというとても便利な環境です.

今回はまずTitanium Mobile開発環境に必要な
Apple Developerへの登録, XcodeのインストールといったiOSアプリの開発環境を整えます.

既にiOSアプリを作ることができる環境が整っているという方は
次のAndroidアプリの開発環境を用意するに移動してください.

【必要なもの】
Mac OSのインストールされたPC
※iOSアプリはWindowsやLinux上では開発できないので注意! 

 

1.Apple Developerに登録する

まずiOS Dev CenterにアクセスできるようにするためApple Developerへ登録しましょう.

iOS Dev Center

まだApple Developerに登録していない方は画面右上Registerを選択.

すると新規にアカウントを登録するボタンが現れるので押して登録を開始しましょう.

既にTunesアカウントをお持ちの方はそのアカウントにDeveloperの情報を付加することもできます.
その場合は下の選択肢を. iTunesアカウントをお持ちでない方は上の選択肢にチェックして次へ.

ここからアカウントの登録画面になりますので.
画面の指示通りに必要事項を入力してください.

注意点として, 入力する項目には英字だけの英語表記で入力してください.
日本語が含まれている状態で入力すると文字化けしてトラブルの原因になります.
※既にiTunesアカウントを持っている人は住所などを日本語から英語に直しおくといいでしょう.

アカウントの取得が済むと, iOS Dev Centerにログインできるようになります.

 

2.Xcodeをインストールする

iOSのナビゲーションからXcodeを選択してインストールします.
App Storeに並ぶXcodeは有料アプリですが, Developerに登録すると無料で利用することができます.

Download Xcode4のボタンを押すと下写真のようなページに移ります.
ここからView in Mac App Storeボタンを介してApp Storeを起動しダウンロードを行います.

Xcodeは大きなアプリケーションなのでダウンロード・インストールには
長い時間ががかかりますが気長に待ちましょう.

 

インストールが完了すれば iOSアプリの開発環境の構築が完了です.無料でできるのはここまで.
実機へのインストールの際は有料のDeveloper登録が必要なので注意してください.
今回はひとまずエミュレータ上での起動までを考えここまでで説明を終わります.

次はAndroidアプリの開発環境を構築するに移りましょう!

■関連記事:

Comments are closed.