大塚国際美術館を見学しました!

春休み美術館・博物館巡り Vol.1 として,
今日は徳島にある大塚国際美術館を一日かけてまわりました.

大塚国際美術館には約1000点の陶板名画が展示されています.
これらはすべて本物ではありませんが, 大きさや質感を忠実に再現していること, 劣化のない状態を保つことができることが非常に興味深いです.

モナリザや最後の晩餐からゲルニカまで, 実物大の陶板が並んでおり世界各地の名画を肌に感じることができます.

古代から近代の名画を順に眺めることができるとても贅沢な美術館でした.

写真はバチカンのシスティーナ礼拝堂が再現された大空間「システィーナホール」.
圧巻!!下の方にちょこちょこと写ってる人の大きさからここが超巨大なホールであることが伺えます.

館内も地下3階から地上2階までありものすごく広い.
ゆっくり観て回っていると最後の方は閉館時間の関係で駆け足になってしまいました.

ゲルニカがこんなにも大きく迫力のある作品だなんて知りませんでした.

 

徳島に位置する 大塚国際美術館 興味のある方はぜひ一度足を運んでみてください!

大阪から美術館への交通手段としては,
湊町なんば→[JR高速バス]→高速鳴門→(徒歩)→小鳴門橋→[徳島バス]→大塚国際美術館前
という流れがお勧めです.
片道2時間半くらいでした.

 

■関連記事:

    None Found

Comments are closed.