Android端末をPCに接続してスクリーンショットを撮影する方法

前回のエントリではrootedなAndroid端末でスクリーンショットを撮影するアプリを紹介しましたが,
今回はrootをとらなくても可能なキャプチャの方法を紹介します.

デフォルトでスクリーンショット機能が搭載されていないAndroid端末でキャプチャを行うには
1.スクリーンショット撮影アプリをインストールする
2.PCと接続してAndroid SDK上で撮影
の2つの手段があります. 今回行うのは後者の方法.

用意するのは以下の3つ.
●Android端末
●PC(Win/Mac)
●Android SDK

Android SDKとはAndroidアプリの開発に必須のツールキットで, Android Developersのサイトからダウンロードできます.

Android SDKにはDalvik Debug Monitor Service 通称DDMSというデバッギングツールが搭載されていて, このDDMSを使用することにより, USB接続された端末の画面を保存することが可能です.

現時点でまだAndroid SDKをインストールされていない方は, 上記リンクより使用環境にあったファイル(インストーラ/ZIPどちらでも可)をダウンロードしてインストール版の場合は実行, ZIP形式版の場合は展開を行い準備をお願いします.

 

ではさっそく, DDMSを利用したスクリーンショットキャプチャの手順に移りましょう.

1.Android端末のUSBデバッグモードをONにする

DDMSを使うには, AndroidをUSB接続した際のデバッグモード使用許可をとる必要があります.
設定 > アプリケーション > 開発 > USBデバッグ
にチェックマークを入れてください.

設定が済んだのを確認して, 端末をPCに接続しましょう.

2.DDMSを起動する

DDMSを起動します. Android SDK のtoolディレクトリにパスを通してある場合は, ターミナル(Windowsの場合はコマンドプロンプト)に

>DDMS

と打ちこめばOKです.
あるいは, Android SDK / tools / の中にあるddmsという実行ファイルを直接開いても起動可能です.

3.Screen captureを実行する

DDMSが起動し接続している端末の情報が画面に表示されているのが確認できたら, 下写真のようにScreen captureを開きます.

 Screen captureの項目はメニューバーDeviceの中にあります.

4.PC画面上で確認しながら撮影!

Screen captureを実行すると, 下写真のように現在の端末画面がPCに表示されます.

あとは目的の画面になるよう操作してSaveを押すと, png形式で保存することが可能です.

ちなみに, 上部ボタンの各機能は
Refresh : キャプチャをリフレッシュする
Rotate : 画面を回転させる
Save : png形式でキャプチャを保存する
Copy : クリップボードにキャプチャをコピー
Done : Screen captureを終了する
となっています.

撮影が終わればDoneで終了し, DDMSを閉じて端末をPCから取り外しましょう.

 

スクリーンショットの撮影にPCを用意する必要があるためdrocap2を使ったキャプチャに比べると手間がかかりますが, Androidアプリを作成して, マーケットに載せるためのスクリーンショットを撮るなどの目的であればアプリのデバッグのついでにこの方法で撮影を行うと効率的です.

なお, DDMSはスクリーンショットの撮影以外にも疑似音声着信や疑似SMS, 疑似位置情報データの提供も行うことができるので, Androidアプリ開発者の皆さんはぜひ覚えておきましょう.

 

■関連記事:

Comments are closed.