Android端末単体でさくさくスクリーンショット! drocap2 ※要root

ブログに画面を載せたり画面メモを残したり,
いま表示されている画面をそのままキャプチャして保存する
スクリーンショット機能は非常に便利です.

今回は前者の方法を実現するアプリdropcap2(要root)を紹介します.

AndroidはiPhoneと異なり, 一部機種を除いて端末単体でスクリーンショットを撮影する機能が実装されていません.

Android端末でスクリーンショットを撮るためには
1.スクリーンショット撮影アプリをインストールする
2.PCと接続してAndroid SDK上で撮影
の2つの手段があります.

今回紹介するdropcap2は前者の方法を実現するアプリです.

※drocap2を使用するためにはroot権限が必要です.
 root権限取得に伴うリスクをご承知の上でお使いください.

 

root権限の取得に成功したら, Androidマーケットへ!
マーケットから普通にダウンロードできます.

インストールして実行すると下図のような設定画面に.
(このブログで使ってるスクリーンショットはほぼすべてdrocap2によるものですね)

ここでは画像フォーマットを jpeg/png形式から選べるほか, 撮影トリガを振って撮る / タイマー感知で撮る / 通知から選択して撮る という3つから選択できます.

 撮影モードの選択. どれが使いやすいかな…

振る撮るでは, アプリを起動し開始を押している間に端末を振ると撮影されます.
メリットは画面撮影がボタン操作の影響を受けないこと.
デメリットはキャプチャするためにアプリを起動する必要があること.

アプリを起動しておく必要がないという点で, おすすめは一番下の通知で撮るです.
これを選択しておくと, [通知バーを下げる]→[drocap2トリガーを押す]という簡単な動作で撮影が可能!!

上写真のようにサクっと選べます.

また, 検索長押しトリガーをONにしておけば,

検索ボタンを長押しした際にポップアップが教示されdrocap2で撮影が可能です.

撮った写真は SDカードの drocap2/ に保存されます.
端末単体でさくさくスクリーンショット!無料でダウンロード可能です.

drocap2 (←Androidマーケットへリンク)

 

次回は引き続き2.PCと接続してAndroid SDK上で撮影する方法を紹介します.

 

■関連記事:

Comments are closed.