はじめてつくったWebアプリ

プログラミングを本格的に学び始めてから1年になります.
当時のことは思い出せるうちに残しておこうと思って, 今から1年前のことを書きました.

 

「アプリを作り始めたのはいつ頃からですか?」と聞かれる度に 僕は「Tech-Tokyoで発表したチコクイイワケロボが最初のアプリです」と答えているのだけれど, 実はその前につくったWebアプリがひとつあります.

それは「サギナビ-白鷺祭ナビゲータ-」といって,
大学祭に関するいろんな情報をリアルタイムで配信する携帯サイトです.

1年前 まだ「Webアプリ」なんていう言葉を知らなかった頃, 府大の大学祭のホームページとは別に, 当日限定でデジタルパンフレットとして使えるような携帯サイトがあったら便利で面白いと思ってこのサイトをつくりました.

振り返ってみるとコードはぐちゃぐちゃでデータベースすら利用してない(なんと要素はすべてコードにベタ書き)し改善点は山ほどあるのだけど, それでも完成したときは達成感でいっぱいでした. 多くのひとに利用してもらえて, その声が聞けるのがとてもとても嬉しかった.

この体験を通じて僕はものづくりの面白さを実感することができたし,
アプリ開発に対するモチベーションの原点はこのサギナビにあると思う.

大学祭の実行委員を引退してからは後輩が引き継いでくれています.
今年もデザインや機能をリニューアルして稼働中です.
第64回白鷺祭は11/2, 3, 4の3日間開催してますので,
ぜひお手持ちの携帯にブックマークしてお越しください.

サギナビ-白鷺祭ナビゲータ-

「今どんな催しやってるんだろう」
「たこ焼き売ってる店どこにあったっけ」
そんなときはサギナビにお任せ.

■関連記事:

Comments are closed.