【脱獄】Jailbreakしてはじめにしたこと

iPhone4Sを買いました.
今回ばかりは脱獄せまいと思っていましたが, ついに誘惑に負けてJailbreakしてしまいました. Jailbreak後に行った設定と, 参考にさせていただいたリンクを記しましたので, これからJailbreakを行う人の参考になればと思います.

脱獄を行うのは実に4年ぶり. 当時はまだiPhoneでできないことが多すぎていろんなカスタマイズをしたものですが(壁紙すら変えられなかった), 現在はデフォルトの機能も充実しているのでJailbreak後も必要最低限の設定で事足りるような感じがします.

各ステップにおける詳しい手順はそれぞれのリンク先記事をご参考ください.

0.環境

こちらの記事を参考に, 安定のredsn0wを利用しました.

[iOS] 『iOS 5.1.1』を『完全脱獄』する方法!その3『Redsn0w 0.9.12b2』

DEFモードに入る必要もなくワンボタンで脱獄完了.
手軽になりすぎて逆に心配な感じもします.

1.Cydiaで有料アプリを購入するために

有料アプリの購入予定がなければこのステップはスキップ.

無事脱獄が完了するとホーム画面にCydiaアプリが追加されます.
(Cydia起動時の”Who Are You?”という質問には”Developer”と答えておくと良い)
Cydiaでダウンロードできるアプリの多くは無料ですが, 青字で表示されるアプリは有料販売されています. 今回は便利なアプリをダウンロードするために購入のための準備を行いました.

超便利!有料脱獄アプリを買う!「Cydia Store」の使い方!

を参考にCydiaとGoogleアカウントとの紐付けを行いました.
これにより以後はPayPalもしくはAmazonアカウント(いずれを利用するにせよクレジットカードの登録が必要)を利用して有料アプリを購入することができるようになります.

2.Cydiaからアプリをインストール

準備が整ったところでアプリをインストールします.
Cydiaからインストールするアプリはシステムに駐在する物が多く, 便利なアプリをたくさん入れてカスタマイズすることとバッテリの持ちとはトレード・オフの関係にあります. 以前脱獄した際はじゃんじゃんアプリを入れたことで結果としてバッテリをすぐ消耗したりアプリが落ちやすい不安定な状態になったので, 今回は必要最低限のものを選択してインストールしました.
(WinterBoardを入れたりシステムのフォントを差し替えたりといった見た目のカスタマイズは楽しいけど, 機能性を落としてまで使いたいかと考えると必要ない)

実際にインストールしたアプリをリストアップします

Mobile Terminal
iPhoneでターミナル操作ができます. 後述するrootのパスワード変更のためにもまずはじめにインストールすることをおすすめします.

iFile
iPhoneのシステムファイルを操作することができます. ファイラーやシステム設定の変更用に.

SBSettings
脱獄の定番. ステータスバーからiPhoneの各種設定ショートカットを呼び出すアプリです. iOSに通知センターが導入されてからは代わりにIntelliScreenXを利用するひとも増えてきました.

Activator
ステータスバーへのタップやホームボタン押下に関するアクションを自由に割り当てることができます. SBSettingsをインストールするともれなくはいります.

ShutterSoundToggle
SBSettingsの設定項目にカメラのシャッター音On/Offの切り替えスイッチを追加するアプリ. スクリーンショットを撮るときの音も消してくれるので便利です.
(リポジトリ http://takami.squares.net/cydia/ の追加が必要)

AnyLockApp
ロック画面に表示されるカメラアプリへのショートカットを好きなアプリに差し替えることができます. Camera+に変更しました

SwipeShiftCaret
カーソル移動をスワイプで行うことができるようになります. 超便利! 正直なところこの機能のためだけでも脱獄するメリットがあると思います.

MailQuotePatcher4
メールアプリで返信を選択した時にもれなく付加される引用を消すことができます. [設定]>[MailQuotePatcher4]から, 引用を削除するか毎度確認するようにも設定することができます.
(リポジトリ http://hitoriblog.com/apt/ の追加が必要)

Pull to Refresh for Mail
メールアプリに「引っ張って更新」の機能をつけることができます.

ここからは有料アプリ

TetherMe $4.99
iPhoneに搭載されているテザリング機能を解放することができます. 契約中の料金プランを確認の上お使いください.

iKeywi $1.99
QWERTYキーボードの上段にもう一行, 計5段のキーボードを立ち上げることができるようになります. 日本語入力時にも反映させるためには設定が必要です.
iKeywi – iOS 5対応 5段キーボードを!&日本語キーボードでの適用方法 [JBApp] 

以上が脱獄後まずはじめにインストールしたアプリでした.
派手なものはないですが, これくらいのカスタマイズであれば脱獄前と比べてバッテリの減りもさほど変わりませんでした.

脱獄したiPhone 4S (iOS 5.1.1) に入れたJailbreakアプリまとめ

上記記事がとても参考になります.
他にも便利なものがたくさんあるのでいろいろと検索してみてください.

3.mobile・rootパスワードの変更

JailbrokenなiPhoneはセキュリティの脆弱性をついた攻撃の対象になり得ます. MobileTerminalを用いてmobile・rootユーザのパスワードをデフォルトのalpineから変更しましょう.
Terminalアプリを開いて下記コマンドを入力

passwd

Old password:と表示されるので alpine と入力します.
New password:と表示されるのでお好みのパスワードを入力します.
Retype new password と入力されるので設定したパスワードを再度入力します.
これでmobileユーザのパスワード変更が完了しました.

次はrootパスワードの変更を行います.
下記コマンドを入力してroot権限を取得

su

引き続きパスワードの変更を

passwd

あとはmobileユーザの時と同様の設定でOKです.

Jailbreakがワンボタンでできるツールが普及し,「脱獄する」というワードが当たり前のように浸透した今, 仕組みやリスクのわからないまま自分のiPhoneを改造するひとが増えています. 多くの個人情報を積んだ端末が被害に合うことは自分以外のひとにも迷惑がかかるということを自覚して, セキュリティへ細心の注意を払いつつカスタマイズを楽しんでください.

 

以上, Jailbreakしてまずはじめにしたことでした.

■関連記事:

Comments are closed.