マウスとトラックパッドに個別のスクロール方向を与えるScroll Reverserが便利

今回はMacBookシリーズでマウスとトラックパッドを
併用して作業するひとにとって便利なアプリを紹介します.
それぞれのスクロール方向を個別に指定することができる Scroll Reverserです.

MacBookシリーズはOSX Lionからトラックパッドのデフォルトスクロール方向が変わり
iPhoneやiPadと同じ(ビューつまむイメージの) スクロールが”ナチュラル”になりました.

今までずっとMacを使ってきた人にとっては違和感を感じるのでもとに戻すそうなのですが, Lionから使い始めた僕にとってはこちらのほうが自然で使いやすいです.

ただ, この設定のまま使用していると困ることがあります.
それはマウスを接続した時も同じ方向にスクロールされることです.

トラックパットではスクロールした時の惰性があるからこの方向が便利なのであって, マウスのロールボタンは従来の”上に回せば上, 下に回せば下”へスクロールするほうが馴染みやすい.

ということで[環境設定]から変更を試みたのですが, ひとつ問題が….
マウスのスクロール方向を指と同じ方向になるようチェックします.

すると何やらトラックパッドの動きも変わったような…

設定を見てみます.

やはり!スクロール方向:ナチュラルの選択が外されています.
こちらのチェックボックスを選択すると, 今度はマウスの設定が外れてしまう.

うーん…どうしたものか.

そんな問題を解決するのが Scroll Reverserです.

Scroll Reverser for Mac OSX

リンク先のページからダウンロードして展開, アプリを実行するとメニューバーにアイコンが現れます. このアイコンから設定することで, トラックパッドとマウスのスクロール方向を個別に指定することができます.

おすすめは上記画像の設定. トラックパッドはナチュラル, マウスはリバースで, ログイン時に起動します.

 

これでどちらも思い通りの方向に設定する事ができました!
コードを書きながら同時にデザインを触る時などに非常に重宝しています.

Scroll Reverser for Mac OSX

■関連記事:

Comments are closed.