BIRTH#2に参加して学んだ3つ+αのこと.

恐れ多くも株式会社はてな代表の近藤さんからご招待いただき,
2月7日(火)に京都リサーチパークにて行われたBIRTH#2に参加しました!!

写真を撮ったわけでもなくイベントの様子を詳しく説明することはできませんが,
BIRTH#2を通じて実感したことや得たことを伝えることができればと思います.

BIRTHとは, 話し手も聞き手もインスピレーションをもらい, 参加者全員が新しい事をやるきっかけとなることを目的にした京都発のイベントです.

イベントの流れは

新しいことに挑戦している人がプレゼンを行う
→オーディエンスが5, 6人単位でグループを作り,
取り組みをもっと良くするためにはどうすればよいかを話しあう
→ 班ごとにアイデアをまとめ発表, 意見交換をおこなう
→プレゼンテーターが一番いいと思った意見を表彰

といった感じで, 今回のプレゼンテーターは

ウォンテッド |ソーシャル・リクルーティング
創業者のAkiko Nakaさんと
Coworkify |コワーキング支援
開発チーム代表の Kenshin Fujiwaraさん

でした!

オーディエンスとして集った方々も豪華な顔ぶれで, 1度目のグループワークではたじろいて言葉を発することができませんでした. 社会人の方々の意見は的確なものばかりで, 学生とのレベルの差を痛感しました.

それでも, 各自が惜しみなく意見を出しあい互いのアイデアに対してあれこれ言い合う雰囲気がすごく好きで, 聞いているうちに何とかして自分もこの輪に入りたい!という気持ちが次第にこみ上げてきました.

そして気持ちも温まった2度目のグループでは, 自分もちょっと背伸びしてアイデアをだしたりディスカッションに混ざったり, 積極的に発言するよう努めました.
その成果が実り, 2度目のグループでは代表となって皆さんの前でグループ内ででたアイデアの発表を行うことができました.

話したい内容をまとめて相手にわかりやすく伝えることはやはり難しいです. でもドーパミンが放出されるのが実感できるくらい楽しいです. 緊張しました. すごくいい経験になりました.

2つのテーマに関するディスカッションが終わると交流会です. イベントに集まった方々とお話をする機会が得られて非常に刺激的な時間でした.

その際先日のアプリ開発コンテスト「Tech-Tokyo」(←勝屋久さんブログ)で発表したチコクイイワケロボに関するブラッシュアップアイデアも多く出していただき, 集まった皆さんのアイデアの引き出しの多さや多角的な視点に驚きました.

本当は2次会にも参加したかったのですが, 帰りの電車の関係でイベント終了に合わせて帰らせていただきました.

 

今回のイベントBIRTH#2で実感したことは以下の3つです.

プレゼンテーション能力を極めたい

プレゼンテーターのスピーチやディスカッションでのやりとりを聞いて, 皆さん本当に説明の仕方が上手だなぁと痛感しました. 語彙や知識だけでなく, 特に聞き手との対話のリズムや話の緩急, 笑いというのがすごく重要な要素なのだと気付きました.
発表経験を積んで, ものごとを上手に伝えられるような人間になりたいです.

積極的に行動して交流のチャンスを活かせるようになりたい

イベントの内容もさることながら, 京都に集まった各方面にて第一線で活躍されている方々とお話ができたのは非常に楽しかったです. 特に株式会社はてな代表の近藤さんとプロフェッショナルコネクターの勝屋さんお二方の人間的な魅力にものすごく惹かれました. イベントを終えて後悔するのは, もっと自分から積極的に声をかけもっと多くの方と交流したかった!!ということです.
次回イベントに参加できる際は, より積極的に行動してせっかくのチャンスを十分に活かしたいです.

そのためにも必要なのが次の項目.

プロジェクトの開発をガンガン進めたい

私は現在, 新規Webサービスの立ち上げを目標に開発を進めております.
イベントや交流会で積極的に交流するためには,何か自身の代表作となるアプリケーションやサービスなど武器をもつことも重要だと実感しました. そのほうが話題も広がりますし, きっと楽しいです.

また, BIRTHのなかでスピーチを聞いたりディスカッションに参加したりするなかで, はやくサービスをリリースして, 多くの方に実際に使っていただきたいという気持ちがより一層強くなりました.

BIRTH#2の運営・進行をされていた株式会社はてな栗栖さんには「BIRTH#3でプレゼンが出来るくらい今のプロジェクトをガンガン進めます」と宣言までしてしまいました.
もう少しで大学の期末考査も終わり春休みに入るので, 時間を有効に存分に使ってサービスを完成, リリースさせます!

 

ここまで書き終わって, せっかくイベントに参加するのであれば写真を撮ってイベントの様子を多くの人に伝えられるようになりたいなぁ…ということに気付きました.
つまりBIRTH#2で学んだことは全部で4つですね.

素敵なイベントに参加させて頂きまして, 本当にありがとうございました!!

 

 

■関連記事:

Comments are closed.